PMSって知ってる?

こんばんは(・∀・)講師のSです!

今日はまたちょっと違う視点からの話を書いてみようと思います!

私の性自認・戸籍・生物学上の性別はすべて女性です。

でも、小中学生の頃は、自分が女性であることをありがたく思えない場面が多くありました。

 

スカートは苦手だったし、

長い髪は鬱陶しくてショートカット。

 

趣味は野球観戦で、その流れで中学ではソフトボール部へ入部。

本当は野球部も考えたけど、女子はソフトボールという流れで。

 

女の子だからこうしなさい、みたいな社会的圧力みたいなのを感じる場面が多くて

女の子は将来結婚して寿退社して、みたいなのが嫌で

自分が将来結婚しても絶対に仕事は定年まで続ける、という意思は昔から持っていました。

 

中3のときのエイメイでは

当時、女性の先生は1人だけでした。

 

男社会の中でも強く堂々と先生をしている姿。

良い意味で、性別なんて意識していませんでした。

 

よく考えたら、女性の先生1人だよね、みたいな。

 

高校受験のとき、

女子校に行きたかったわけではないけど、

校風や授業が良くて志望校として据えた川越女子高校。

 

なんとか合格でき、進学してから、女性であることに少し自信が持てるようになりました。

 

 

生き生きとしている周りに影響され、

私はこのままの私でいていいんだと思えるようになり、

好きなことを好きなだけ、

思う存分取り組めるようになりました。

 

そこに

「女性だから」っていうことはほとんどなくて、

 

もちろん、物理的に難しいこともあったりするけど、

 

体育祭でのテント張りも女子だけで組み立てと片付けをし、

重い楽器(ティンパニとかコントラバスとか)も女子でしか運ばない。

 

男性の先生は、ほとんど手出ししませんでした。

 

むしろ、生徒のほうが知っているから

先生は許可証などの書類と、車での運搬だけ、みたいな。

 

みんな女子だから、男子にやってもらうような仕事も女子がやる。

 

それが当たり前の高校3年間でした。

 

でもそれが心地よくて、すごく楽しかった。

 

ある世界史の先生(男性)は、

「このままの調子で大学に行ったら絶対モテないからな!

共学の女子は 重 い も の は 男 子 に 任 せ る !!!

軽々と持とうものならドン引きされるからな!気をつけろ!」

と忠告までしてくださいました。\(^o^)/

 

実際、私も大学で、持ち慣れていたコントラバスを軽々と運んでいたら、

男性の先輩に

「重い楽器持たせてごめんね!」

と謝られて、カルチャーショックを受けました。/(^o^)\

これが共学か……

 

大学は共学でしたが、性差はあまり気にせず、

両性がお互いを尊重して

協力して過ごすことができていたと思います。

 

特に、私は大学の管弦楽団に所属していましたが、

奏でる音には性別はないし、

役職も、一部特殊な役職以外は性別関係なく配置されていました。

 

 

大学を卒業して、年齢を重ねると、

体調が悪くなりやすくなったり、

ホルモンバランスが崩れたりして、

いろんな不調をきたすことが増えました。

 

よくよく調べると、

私は、どうにもPMS(月経前症候群、月経前緊張症)の症状がつらく、

最近では婦人科で漢方薬を処方してもらったりしました。

 

周りの友人にも、生理痛やPMSがつらくてピルを飲んでいる、という子もいます。

 

そういう話が友人同士でできる時代になってよかったなと思います。

 

ちなみに、私のPMS症状は

眠い、だるい、疲れやすい、夏なのに寒い、ニキビ発生、頭痛、肩こり、気分の変化

などなど…

 

医師から「全部PMSの症状ですね!たくさん調べたでしょう?」

と言われました…笑

 

 

Elenaは女子専用の個別指導塾です。

 

だから、婦人科系の話をすることがあります。

 

低気圧に弱い子

頭痛持ちの子

生理痛が重い子

 

いろんな子がいて当然です。

 

なんなら、良い婦人科の病院を紹介するよ、とまで伝えています。

(お母様でお悩みの方にももちろんご紹介します!)

 

個別に面談室で話すこともあれば、

お友達グループの輪に入っていって話すこともあります。

 

女の子が、より良く人生を送れるようにするために、

いろんな手を尽くしたい。

 

何かを知らなければ、改善のための行動もできないので、

女性として生まれたからこそ知っておくべきことがあれば、

よくよく話しながら、誤解のないように

知識の提供をします。

 

 

ご家族には話しづらいこととかの相談ももちろん乗りますし、

 

Elena生の希望があれば、守秘義務を守った上で話すこともあります。

 

私はそこそこ年齢を重ねているので、

Elenaの先生たちの話を聞くことも多いです。

 

塾長の米本先生も、

既婚者ということ、娘さんがいること、理学療法士として専門的な知識があることもあり、

女性に対する理解があり、

Elenaの生徒・先生たちの体調のことは常に気にかけてくれています。

 

だから、Elenaって、ただの女子専用の個別指導塾ではないんですね。

 

身体のことも、

メンタルのことも、

人間関係のことも、

 

何でも相談してくださいね。

 

喜んでお節介させていただきます。笑

 

より集中して勉強に取り組めるよう

 

精一杯お手伝いをさせてください♫

 


Elena個別指導塾は

みずほ台駅東口から徒歩すぐのところにあります!

 

女子専用の個別指導塾というのもあり、

女の子が自分らしく

異性の目を気にせず

伸び伸びと勉強に打ち込めます✨

 

先生も全員女性!

塾長はセキュリティの関係で男性が務めております。

 

気になる方は、お早めにお問い合わせください♫

各曜日、残席が少なくなっております。

お問い合わせはElena個別指導塾の公式LINEからお願いいたします☺