個別指導だけど、孤独は作り出さない。

こんにちは(・∀・)講師のSです。

今回は、私がEIMEIグループで講師を続けてきて思うことを書いてみようと思います♪

 

ご存知の方もいるかと思いますが、EIMEIグループで先生をしている人の多くは、EIMEIグループの塾の卒業生です。

最近はそうでない先生も増えてきて、新たな風が吹き始めた感じがしますね(^ν^)

私も、エイメイ学院のとある校舎の卒業生の一人です。

 

EIMEIグループって、良い意味で暑苦しいところがあります。笑

 

私がエイメイ生だった◯年前のこと。(まだ内緒にしときます。笑)

間取りのせいなのか、人口密度のせいなのか、当時の先生(現社長)の熱量のせいなのか、

理由はよくわかりませんが、

真冬なのに冷房をつけている教室で授業を受けていました!!!!!

 

まぁそれは物理的?な暑さの話。

 

どう暑苦しいかというと、

エイメイ学院でも、明成個別でも、Elenaでも、高等部でも、予備校でも、

どの校舎行こうが同じなんですが、

 

生徒を孤独にしない。

 

私が現役生のころからも、

先生になってからも、

ここは本当に変わりません。

 

というか、

EIMEIである以上、それは変えちゃいけない部分の一つだと思います。

 

瞬間的に、物理的ぼっちになる瞬間はあります。

例えば、生徒が一番乗りで教室に来て、先生がロビーで準備しているときとか。

もちろんすぐに準備に区切りつけて教室向かって、物理的ぼっちにもほとんどしないんですけど。

 

自習室利用なら、勉強始めやすいように声かけたり、

浮かない顔をしていたら相談に乗ったり、

先生と生徒でアプリゲームの対戦始めてたり。

 

先生たちって、みんな生徒たちに興味津々で、

みんなことを知りたくて、

たくさんコミュニケーション取りに行っちゃう人ばっかり。

 

意識的に行動している先生もいますし、

無意識に話しかけにいく先生もいますが(TPOは気をつけます)、

そういうところを暑苦しいって言う人もいるかなぁって思いまして。

 

でも、生徒のみんなが来るたびにそれを続けていると、

EIMEIグループの塾に通ってくれている生徒たちを

精神的孤独にさせないことに繋がるんですよね。

 

思春期は身も心も環境も、目まぐるしく変わっていく時期です。

変化に不安になるのは当然。

周りとの違いに戸惑うこともたくさんある。

 

そういうときに、

学校以外のコミュニティがあってよかった、って、

少なくとも私は思いました。

中学時代、何度エイメイの先生に助けられたことか。

 

だから、私は先生として、

そういう場を、

生徒たちのために守っていきたいなぁと思いました。

 

もちろん、一緒に働く先生たちともたくさんお話しをして、

たくさんの先生が輝ける場をつくりたいなとも、思います。

 

生徒も、先生たちも、

みーーーーんな大切な仲間ですから。

 

Elenaが開校してからは、Elenaばっかり出没しますが、

どの校舎にいようが、

どの先生に習っていようが、

EIMEIグループにいるかぎり、

みーんな仲間です。

 

暑苦しいですか?(^^)

これが、私です!

 

愛犬には距離を取られますけどね!!!

(でも、その距離を取るのも可愛い♡)

 

 


 

勉強を続けていくと、孤独を感じることが多くなります。

一緒にがんばる仲間がいるって、とても大切なんです。

傷をなめ合うのではなく、

互いを刺激し合い、互いを高め合う。

共振する仲間。

 

Elenaに集え!

現在、春期講習の体験受付中です🌸

資料請求もお待ちしております(*^◯^*)